航空工学科

4年制
実践現場で培った高度な知識・経験を持つ教員を有し、豊富な実機教材を使い、
座学と実習のコンビネーションにより即戦力となるエンジニアを育てます。
最新鋭の航空機「ボーイング787」や初の国産ジェット「MRJ(三菱リージョナルジェット)」の製造で世界の注目を集める日本の航空機製造業界。日本航空大学校のOBは航空機の設計・製造のみならず人工衛星やロケットなど、宇宙関連機器製造分野でも大手重工業などで活躍しています。日本は、この分野の技術力において世界でもトップクラスの実力を誇ります。自分が造った航空機が世界の空を飛び、ロケットが宇宙へと飛ぶ、夢とやりがいのある仕事です。

航空工学科のポイント

航空工学科で目指す
仕事・取得資格

航空機・宇宙関連機器の設計・製造

航空機・宇宙関連機器の設計・製造

世界最先端の「ものづくり」に携わる最新鋭の航空機「ボーイング787」や初の国産ジェット「MRJ(三菱リージョナルジェット)」の製造で世界の注目を集める日本の航空機製造業界。日本航空大学校のOBは航空機の設計・製造のみならず人工衛星やロケットなど、宇宙関連機器製造分野でも大手重工業などで活躍しています。日本は、この分野の技術力において世界でもトップクラスの実力を誇ります。自分が造った航空機が世界の空を飛び、ロケットが宇宙へと飛ぶ、夢とやりがいのある仕事です。

航空機・宇宙関連機器製造にかかわる職種

取得可能資格

  • CAD利用技術者
    (3次元、2次元/1級・2級)
  • トレース技能検定
  • テクニカルイラストレーション
  • 航空工場検査員
  • QC(品質管理)検定
  • 航空無線通信士
  • 航空特殊無線技士
  • 3Dプリンタ活用技術検定
  • 危険物取扱者
  • 基本情報技術者
  • パソコン検定(2級)
  • TOEIC
  • 実用英語技能検定
  • ビジネス能力検定
  • 生産管理士
  • 機械設計技術者
  • 高度専門士

航空工学科の授業カリキュラム

  • 一般科目の基礎や
    航空工学・製図の基礎

    設計を学ぶ基礎として数学や物理などの一般科目、航空工学や製図の基礎を一から身に付けます。

  • 2次元CAD演習や
    実機による飛行機実習

    「CAD」ソフトを利用してコンピュータを使った設計を身に付け、実機を使って航空工学の理解を更に深めます。

  • CATIA、飛行機設計

    いよいよ3次元CADソフト「CATIA」の実習を行います。コンピュータ設計ツール「KMAP」や風洞実験設備を使い飛行機設計の技術を磨きます。

  • 創造力を身に付けたエンジニアに

    一人前の設計エンジニアに必要な知識や技術を磨きあげます。更に小型ジェット機の開発に携わった教員の指導の下、卒業研究に取り組みます。

学科(専門) 演習/実習(専門) 一般教科
1年次
  • 資格検定
  • 航空力学I
  • 飛行機構造
  • 航空機材料学
  • 発動機学
  • 航空電気学
  • 基本製図
  • テクニカル・イラストレーション
  • CAD&CAEI
  • 基本技術
  • コンピュータ演習I
  • 一般教養
  • 基礎数学
  • 英語I
  • 体育I
  • 道徳訓育I
  • 物理学
  • 英会話
  • 特別活動I
2年次
  • 材料力学
  • 品質管理
  • 航空工場検査
  • 航空力学II
  • CAD&CAE II
  • デザイン演習
  • 飛行機実習
  • 電気実験
  • コンピュータ演習II
  • 工作技術I
  • 原動機実習
  • 一般教養
  • 物理学
  • 英会話
  • 特別活動II
  • 道徳訓育II
  • 英語II
  • 体育II
3年次
  • 計測制御学
  • 航空機システム
  • CAD&CAE III
  • 機械設計演習
  • 航空機解析演習
  • 非破壊実習
  • コンピュータ演習III
  • 飛行機設計演習
  • 工作技術II
  • 装備品実習
  • 一般教養
  • 大気と気象
  • 英会話
  • 特別活動III
  • 道徳訓育III
  • 英語III
  • 体育III
4年次
  • 生産工学
  • CAD&CAE IV
  • コンピュータ演習 IV
  • 航空機解析演習
  • 自動車工学
  • ロボット工学
  • 卒業研究
  • 一般教養
  • 英会話
  • 特別活動IV
  • 英語IV
  • 体育IV

航空工学科の授業風景

  • 風洞実験
  • 工作実習
  • MDXを使ったプロダクトデザイン
  • 学生作品
  • 非破壊実験
  • ホンダエコラン出場
  • 産学共同実習
  • 卒業研究・製作
  • 卒業研究発表会
  • ロボット工学

航空工学科に関する
みんなの声

  • 松尾 史朗先生

    松尾 史朗先生航空工学科 学科長
    担当教科:航空力学

    飛行機の素晴らしさに一緒に感動しましょう。

    航空工学科では、飛行の原理を勉強し、風洞実験を行い航空力学のリアルを学びます。
    設計では、テクニカルイラスト、2次元のCAD、さらに3次元の設計を行うCATIAも習得できます。航空機部品の品質検査の手法も学びます。
    これらの学びは就職への大きな強みとなりますよ。
    飛行機の素晴らしさに一緒に感動しましょう。
    そして、モノづくりで未来の世の中を変えていきましょう。

  • 伊藤 克己先生

    伊藤 克己先生進路指導部長/航空工学科教員
    担当教科:機械設計/非破壊試験/ロボット工学/工作技術

    創造性豊かなエンジニア教育を目指します。

    基礎教養と幅広い知識のもと取り組む目標点がどこなのか探求していくことに重点をおきます。航空機は、高度な安全性と最高の品質が求められます。航空工学科は、個性を尊重し技術革新に対応できる創造性豊かなエンジニア教育を目指します。準備を怠らず、自分の目で確かめる責任能力を身につけます。

  • 野村 誠先生

    野村 誠先生航空工学科教員
    担当教科:航空工学/電子工学

    体験しながら航空工学を学びます。

    航空工学の基礎を、風洞実験や模型製作/飛行機設計実習を通して、机上の理論だけではなく体験しながら航空工学を学びます。

  • 吉野 美策子先生

    吉野 美策子先生航空工学科教員
    担当教科:基本製図/デザイン演習

    未知の可能性を伸ばすお手伝いをします。

    基本製図/デザイン演習の授業では、図面を読む力とデザインする楽しさを学びます。エンジニアのプロを目指し、未知の可能性を伸ばすお手伝いをします。

  • 菅野 沙紋さん

    菅野 沙紋さん航空工学科4年
    北海道立釧路江南高等学校卒

    幅広い知識を身につけることが出来ます。

    航空工学科では、製図などの基礎から始まりCADやCATIAなどの航空機設計で使われる最先端の技術まで奥深く学ぶことが出来ます。設計だけではなく実際に機体に触れる授業もあるので、構造を理解でき幅広い知識を身につけることが出来ます。また、高度な技術と知識を身につけて、多様な資格を取得する事もできます。私の夢であるディスパッチャー業務に就くために必要な航空無線通信士の資格を取得する事が出来ました。皆さんも是非航空工学科で様々な事にチャレンジし、自分の夢へ向かって羽ばたいてください。

  • 大谷内 恭佑さん

    大谷内 恭佑さん㈱IHI 航空宇宙事業本部
    平成27年度卒業生
    日本航空高等学校石川卒

    航空祭でグライダーに乗せてもらったのがきっかけ

    中学生の頃、航空祭でグライダーに乗せてもらったのがきっかけで、CADや設計が学べ、四年制である日本航空大学校に入ろうと決めていました。現在は(株)IHIで民間航空機のエンジンを扱っている部署に勤務し、デザインエンジニアとして勉強中です。各種図面の読解や図面の比較を行い勉強しており、学校で学んだことが活きる職場です。飛行機は車や電車などに比べ事故率は低いですが、お客様に安全を提供する為に多くの人が努力している事を知りました。私の職場ではマニュアルや電話、会議でも英語が多く使われているので語学力が必要だと思います。後輩の皆さん、遊びと勉強の切り替えをしっかりし、志望する会社に入れるように目標を持って頑張ってください。

  • パッチャラポン・プライプルックさん

    パッチャラポン・
    プライプルックさん
    エアバス・ヘリコプターズ・ジャパン㈱
    平成26年度卒業生
    日本航空高等学校卒

    3Dプリンターを使って本物のモデルを作ったりもしました。

    私はタイから日本航空高校山梨校に留学し、その頃から設計をやりたいとずっと希望していたので、日本航空大学校の航空工学科に迷わず入学しました。工作技術の授業では、自分で設計をし、3Dプリンターを使って自分が設計した製図をもとに本物のモデルを作ったりもしました。この会社に入社してからも、CATIAをやったことがあると言うと、周りの方に驚かれます。エアバス・ヘリコプターズ製品は、災害時の救命救助、救急医療、海難救助、人員輸送、物資輸送等の幅広い分野で活躍しています。自分たちの作業が直接人命にかかわる仕事なので、しっかり作業をしなければならないと思うことが、やりがいですね。後輩の皆さんには、就職活動が始まる前に自分の夢を見つけてほしいと思います。将来をしっかりと考え、その夢が叶うまで、絶対にあきらめないで頑張ってください。

  • 小山 洸士郎さん

    小山 洸士郎さん㈱IHI 航空宇宙事業本部
    平成25年度卒業生
    日本大学航空宇宙工学科より転学

    実際に実物を見て学べるところに魅力を感じた。

    日本航空大学校には、多くの実物があって実際に実物を見て学べるところに魅力を感じて入学を決めました。ジェットエンジンやタービンエンジンなどが置いてあり、教科書で学んだことや構造などを、触れて確認できるというのは、楽しいと同時にやる気の出る環境だと思います。小さな事でも自分が仕事をしたことで現場が動けるということがあると、自分が役に立ったなと実感できます。私の所属している部署は、工場を円滑に動かすために必要な部署です。うまく計画どおりに対処できた時に、自分達の役割を実感でき、やりがいを感じます。私は技術職ですが、現場配属の中にも学校の先輩方がたくさんいらっしゃるようなので、今後仕事をする上で、とても心強いですね。学校にはたくさん飛行機があります。その恵まれた環境を生かして勉強すれば、知識も増えますし、自分の強みになると思います。頑張って下さい。他の先輩も航空業界で活躍しています!

  • 田中 祥己さん

    田中 祥己さん三菱重工業㈱名古屋宇宙システム製作所
    平成23年度卒業生
    私立初芝高等学校卒

    素晴らしい環境で勉強ができ、良い経験になる

    日本航空大学校には、本物の大型旅客機YS-11が3機もあり、幼い頃から飛行機が大好きだった私には、素晴らしい環境で勉強ができ、航空業界を目指す上で、良い経験になると思ったので入学を決めました。今のやりがいは、本物の航空機の生産に携わり、自分の携わった航空機が、本当に空へ飛んで行くことです。2014年10月より夢だった、純国産旅客機であるMRJ(三菱リージョナルジェット)の製作に参加するよう上司から言われ、本当に嬉しく、またやりがいを感じています。就職活動で大変だったのは、面接試験です。自分の考えを簡潔にまとめて返答をすることが苦手でしたので、放課後に友達と練習を繰り返し頑張りました。航空産業の仕事は途方もなく難しいものだと思っていましたが、勇気を持って飛び込んでみれば出来る事は沢山ありました。自分の軸をしっかり持って将来を考え、自分の判断で行動出来るようにして下さい。

  • 橋本 飛沫さん

    橋本 飛沫さんセントラルヘリコプターサービス㈱
    平成27年度卒業生
    石川県立鹿西高等学校卒

    学校にいる間は好奇心をもつことが何より大事

    私は現在、品質保証部技術グループに所属しています。主に図面を扱い、ヘリコプターの改造と改造修理を行っています。他部署とコミュニケーションを取りながら改造修理の設計を行いつつ整備の完成までを手助けしていくという事もやっています。学校にいる間は好奇心をもつことが何より大事だと思います。知らないことを恥じずにどんどん吸収していく姿勢を持っていけば、どんな会社でもうまくやっていけると思います。今は学校の勉強だけで満足せずに様々なことに好奇心を持って突き進んでいけるような人間になっていくように4年間で学んでいけばよいと思います。ヘリコプター、またはヘリコプターの運航や整備に興味があれば是非見学に来てください!

  • 高橋 克尚さん

    高橋 克尚さん㈱第一システムエンジニアリング
    平成26年度卒業生
    私立岐阜東高等学校卒

    4年間目的を持って学べたので、有意義な学生生活でした。

    設計の仕事をしたいという目標があり、4年間目的を持って学べたので、有意義な学生生活でした。この学校はビジネスパーソンとしての基礎をしっかり教えてくれる学校だと思います。入社してから挨拶を始め、学校の教育方針をなるほどと納得する場面がいくつもあります。寮生活などで培われた規則正しさや礼儀などが、就職試験でも役立ったのは間違いないですね。今やっている仕事は、MRJ(三菱リージョナルジェット)の設計作業です。飛行試験に関わる図面を描いています。今は2年目なので色々勉強している状態ですが、毎日が充実しています。自分の希望していた部署に配属していただいて、これがやりたかったという仕事をまさしく今やっている感じです。後輩の皆さんには、自分独自のよさを持って就職活動に臨んでほしいなと思います。

  • 谷内 萌さん

    谷内 萌さんYKK㈱黒部事業所
    平成26年度卒業生
    日本航空高等学校石川卒

    人間教育は厳しい面もありましたがとても大事なこと

    学校では飛行機の勉強をしていましたが、飛行機のように大きなものではなく、身近なものや日常的に使われているもの、なくてはならないものを作ってみたいと思い、航空業界ではなくこの会社を志望しました。大きいものを勉強したからこそ、そう思えたのだと思います。実際に作っているものは違っても、もの作りの考え方は役に立っています。日本航空大学校での人間教育は厳しい面もありましたがとても大事なことで、第一印象も違いますし、きちんとした態度が面接で評価されたのかもしれません。社会に出てから、身につけていて良かったと思いました。これからは専門的な事ばかりではなく、色々な知識などを吸収していくことが大事だと思っています。

  • 大澤 駿介さん

    大澤 駿介さんジャパンマリンユナイテッド㈱
    平成27年度卒業生
    富山県立南砺総合高等学校卒

    選んだ理由は設備が他の学校と全く違うと思ったから

    日本航空大学校を選んだ理由は学校見学の際、CATIA体験や格納庫の飛行機の数を見て設備が他の学校と全く違うと思ったからです。在学時に規模の大きい仕事をやってみたいという気持ちが強く、説明会でこの会社の事を知り、入社しました。現在は艦船工作部 艤装グループ機装チームに所属しています。仕事は新造船の旗艦場(きかんば)の工程管理をしています。自分の組んだ工程通りに物事が進むと、作っている規模が大きいので目に見えて仕事の進み具合がわかり、それがやりがいだと感じます。後輩へ伝えたい事は、先生の言うことやアドバイスはよく聞いておいた方がよいという事です。学校の先生方は社会人経験を経ている方が多いので、人生の先輩としてのアドバイスが的確で、重要だと入社してから思う事が多くあります。